あしあとをよむ

あしあとをよんでるがなんのためなのかな

むげんのしあわせ

90歳になる祖母と長電話した。母の命日付近に。あることがありしばらく疎遠だったのだけど。

なっちゃん、しあわせにはかぎりがないんだよ、だから自分がしあわせだと思ってる人がむげんにしあわせなんだ、と言っていた。おばあちゃんはしあわせだよ、お金もね、ぜーんぶあげちゃった、もう昔のように頑固じゃなくなったんだから、とけらけら笑っていた。

むげんにしあわせ…。

90歳になってなんかいい意味で抜けた感じ?境界線が溶けた感じ?いい意味でおばあちゃんの威厳がなくなったっていうか…ほんとに私が小さい時のおばあちゃんっていうか…。椿の精とそのお付きのものがあらわれた話をしてくれたおばあちゃん、ただ、しあわせのかたまりみたいなものをふんわりとくれた。ちょっと不思議な感じでちょっぴり涙がでた。

青森行きたいな、おばあちゃんにおじちゃんにおばちゃんに会いたい。

おかあさんのお墓におまいりもしたい。

帆立もりんごもきんきも食べたい。

神社の裏に広がる山できのこをとったり川で魚をつかまえる。間違ったきのこをとってきて笑われたり。

お宮にねっころがりたい。ヒノキの匂いを嗅ぎたい。葉っぱが風にゆれる音をきく。

ただ楽しいと思うことをする。好きなことをするんだ。


きっといつでも行けたのにもう5年は行ってない、なにをがまんしてたんだろう。

雪が溶けたら行こう。
行きたいとこに行こう。

人生はいつだって自由なんだから。

f:id:natsumomox:20170201192103j:image

こんな風にやわらかくあいまいで自由でいたいな。

気がついたら、ってゆうのがいいな。

 

swallowtail butterfly~あいのうた

https://youtu.be/Vz32Lrz8G7M