あしあとをよむ

あしあとをよんでおもいだす

お彼岸とピアソラ

お彼岸って昼の時間と夜の時間が同じになってこの世とあの世の境界線が薄くなるんですってね。

では亡き母が大好きだったバラを飾りピアソラをかけてタンゴを踊っていただきましょう。

ごめんなさい、お墓参りは遠くていけませんが、お墓よりもずっと素敵なところにいるって信じています。


Libertango Dancers - Astor Piazzolla - Tango - TangoOz - Sydney Youth Orchestra - SYO - HD

 Libertangoの中で男性ダンサーが格好よいと思った(女性がとても美しくみえる)動画です。私はピアソラではoblivion が一番好きですがちょっと暗すぎるのでこちらで。ずっと前に白のシンプルなシャツに黒の膝丈のタイトスカート、黒髪のボブカットで青白い顔に真っ赤な口紅の瘦せぎすの中年女がこの曲をキレッキレに踊っているのを観てアルゼンチンタンゴの虜になった時期がありました。彼女は私のベストタンゴダンサーだったのですが、あれはいったい誰だったんだろう…。もう一度みてみたいものだ…。夢だったのかな…。タンゴがいいのはある程度年をくってもいや、かえって酸いも甘いも噛み分けた感じが似合う、というところです。やっぱりこのマチュアなメロディーのせいですかね。

そしてアルゼンチンといえばこの映画?←たぶん違うと思うけど。

懐かし過ぎるトニーレオンとレスリーチャン「ブエノスアイレス」こちらもまたピアソラのように激しく悲哀に満ちた映画です。

f:id:natsumomox:20170320215241j:image

サントラはフランクザッパなども入ってて今聴いてもなかなかよいです。もちろんピアソラも入ってます。冒頭の滝の流れるシーンに流れるククルククパロマ、いいです。←彼女が死んで悲しみのあまり一羽の鳩になっちゃう男の歌です。希望がないようなあるようなこの映画のラストを暗示しているようで。