あしあとをよむ

植物、物語、音楽あたりが好きです。だらだらと更新中。

最近聴いてる音楽とか。


Cornelius - 『あなたがいるなら』"If You're Here"

えーと、自分がいない時部屋がこういう風になってるかも、とかたまに想像しちゃいませんか?いろんなものが自由な振る舞いをして、帰ってくるまでには不思議ともとどおり。

鍋の中、とか冷蔵庫の中、とか電子レンジ(持ってないけど)の中でも同様のことが行われているのでは…とついつい妄想が止まりません。

というか、なにもおこっていないよりもなんとなくそっちの方が自然な気がするのですがね。

あぁ…好きだなぁ、アーティストはやっぱり作品で評価されるべきだと思います。詩もいい。歌詞坂本慎太郎…意外なような納得なような。かなり好きな世界観。


Arvo Pärt - Spiegel im Spiegel

ちょっと蒸し暑くなると聴きたくなる曲。こちらはもうすでに蒸し暑いです。鏡の中の鏡って素敵な題名ですよね。エストニアの作曲家なんですよね、エストニア行ってみたいな。英語がどこでも通じる、IT大国、 ヨーロッパの中では物価がかなり安い、アジア人が殆どいないが差別がない、国民が物静か、などすごく興味のある国です。フィンランドから船で行くらしいんですよ。船、いいですよね。3歳位の時青森から函館まで船に乗って行った時海から函館の夜景が見えて大層美しかったことを思い出します。しあわせの風景。この曲を移動の時聴きながら雲をみているとまるで雲の中に入ってゆけるようなトリップ感を味わえます。トリップ感大切だな。


Variações pindéricas sobre a insensatez by Joana Sá - Music for film "Tabu" by Miguel Gomes

これも別の意味でのトリップ感が好きな曲です。ちょっとざわざわする感じがね。映画も最高。サントラを探しているのですが見つかりません…。

あなたがいるなら、世界はまだまし、ですね。うん、いるだけでいいんです。

いつもありがとう。