あしあとをよむ

あしあとをよんでるがなんのためなのかな

カワイイが最強。

突然の豪雨、雷により仕事休み。(しかし突然の晴れ間により午後出勤 天気がめちゃくちゃです)

Netflixであっ、金曜日ということはさぼリーマン甘太郎http://www.tv-tokyo.co.jp/kantarou/smp/の更新だね!とみたらパウンドケーキという単語が。

頭からパウンドケーキという単語が離れず久しぶりにパウンドケーキを作る。

ちょっと作り方を変えてみたら自分至上最高のパウンドケーキができた。

ベーキングパウダーはやめて卵の力だけで膨らますことにしたのです!ハンドミキサーで。お砂糖と混ぜる最初に上から垂らしてリボン状になるまでしっかり混ぜるのです。これからはこれでいきます!しっとり具合が半端ない。レモンの皮もいれたのでふっくらしっとり。

アイスコーヒーに合いすぎる…泣

私は無類のパウンドケーキ作るのが好き。食べるより好きかも。夏はカレー、冬はパウンドケーキを作り続ける、という習性があるのです。

昨夜、爆弾級のかわいいメールがきてかわいい画像検索がとまらず。 はぁ…かわいい、かわいすぎてくるしい…。

 f:id:natsumomox:20170818215835j:image

言いそうなセリフをあててみるのです…。

かわいいものの前ではだれも抗えないのではないだろうか…。即ち是れ、最強。

 

「カワイイもの好きな人々(ただし、おじさんの部)」山下哲 という伝説の本があります。2005年発行 アスペクト刊。

そもそも若い女性のカワイイ!は信用していない、という人は多かろうと思います。彼女らのカワイイにはキモカワイイも、カッコカワイイもコワカワイイもとりあえずカワイイって言っとけばもとにかく範囲が広すぎてカワイイとははたしてなんでしたっけ?となりますよね。

その点おじさんのカワイイは一番信用できるのではないでしょうか。そもそもおじさんは迂闊にカワイイなどとは言いません。山下さんというおじさんがカワイイもの好きな18人のおじさんとそれぞれふたりきりでそれについてじっくり語り合う。カワイイの乱用とは無縁なり。めだかやアゲハチョウ、ブライストールペイントや焼き菓子や動眼…こだわりまくったカワイイに磨きをかけて鋭いひと突、ザ・カワイイ!この本では30歳以上男性をおじさんと呼ぶ、と定義しております。そのおじさんたちが選ぶカワイイものとそのカワイイものへの愛といったら!!

嗚呼!!

12年前というと母の看病の真っ最中。どんなにこの本に癒されたっけなぁ。ほぼ日の連載を本にしたものだったので、ほぼ日宛にメールを書いたら作者の山下さんからとても心あたたまる返信を頂き感動したのです。山下さん自身はうさぎを飼っているおじさんです。

 

山下さんが愛兎パンクとカワイイ画家さん(もちろんおじさん)に描いてもらった絵です。カワイイですよねぇ…。

f:id:natsumomox:20170818222143j:image

 f:id:natsumomox:20170818222608j:image

f:id:natsumomox:20170818222613j:image

 うさぎって気性がはげしいんですよね、わりと。優柔不断に見えますけど。